「食のクオリティ」を追求した健康食で、美味しさや潤い、安らぎなどを提供します。

提供システム

  • HOME »
  • 提供システム

目的に合わせたベストな選択

施設のご要望に合わせたベストな調理システムをご選択いただけます。
食の安全はもちろん、経済性を重視したクックサーブ、クックチル、クックフリーズ、真空調理などを併用し、美味しさと健康を重視した、ご満足いただけるお食事を提供いたします。
また本社では国際品質規格(ISO9001)と危害分析・重点管理点方式(HACCP)に基づき、安全で良質な生産管理体制を構築しております。

クックサーブ(従来型調理システム)

 施設職員とご利用者と同じ場所で時間を共有し、よりコミュニケーションを深めることができ、かつさまざまな要望にお応えできます。
 また、「プロの調理員」を配置するとともに、地域文化や郷土料理の積極的な導入を進めています。配膳当日に仕込から加熱までを行い、冷却せずにそのまま提供する従来型の調理方法です。適温にて一番ベストなご提供が可能となります。

新調理システム(クックチル/クックフリーズ/真空調理)※

 HACCP/ISOの安全管理システムの下、安全で安心な調理方法でご提供いたします。マニュアル化された調理法と管理体制で、小規模施設やデイサービスなど、ご利用者の変動が多い施設に適した提供方法です。
 クックチル・クックサーブは基本的にセントラルキッチン(ベスト)で食材の仕込から加熱までを行い、それらを急速冷却/冷凍保存し、現場にて再加熱してご提供する調理方法です。
 また真空調理システムはセントラルキッチン(ベスト)で食材をあらかじめ味付けし、専用パックに詰め、真空包装後、食材を適温にて加熱、それを急速冷却後、チルド保存し、現場で再加熱提供する調理法です。

※各工場より、概ね1時間程度で配送可能

提供の流れ

事業エリア

yamagata

tel

受付時間:

 8時30分~17時30分

休業日:

 1月1日~3日、12月31日午後、

 毎月第2日曜日

PAGETOP
Copyright © 療食 株式会社ベスト All Rights Reserved.